EGOIPSE Briseの使い方

ヒト幹細胞培養液配合のEGOIPSE Brise。1日2回の使用で約1ヵ月間で使い切る清潔感のある透明ボトルがなんとも可愛いですよね。

 

この記事ではEGOIPSE Briseの効率のよい使い方、そして間違ったスキンケアをしないためのお肌のお手入れの事をご紹介していきます。

 

 

EGOIPSE Briseの使い方

 

1.洗顔後すぐに使用

EGOIPSE Briseは肌に何もない状態、洗顔後すぐに使うようにします。 オールインワンゲルを使っている人もEGOIPSE Briseを先に使うようにしてください。
EGOIPSE Brise 使い方

 

ボトルの上にあるスポイドの目印まで取り出して、手のひらに乗せます。

 

2.手で温めるように!

 

手のひらでしばらく温めます。「手のひらに吸収されそう」とこの工程を飛ばしてしまう人もいますが、肌なじみ・浸透力が良くなるので温めを忘れないようにしましょう。

 

そのためにも、手のひらは温めておく必要があります。

 

3.肌に優しく伸ばす

使い方
決してこすらないように肌にやさしくなじませてください。目のキワや口元などお顔のあらゆる場所を優しくEGOIPSE Briseをのせていきます。

 

パンパンと音を立ててパッティングするような使い方はしないようにしましょう。こうすると血色が良くなるからと勘違いをしてる人が多いみたいですが、頬を強く叩くと毛細血管が切れて炎症を起こしたり内出血を起こす危険性もあります。
それが元でシミになってしまったら嫌ですよね。絶対に強く擦らないようにしましょう。

 

特に頬骨や目の周りの皮膚はとても薄くなってますので刺激に弱いです。強すぎる圧力によってできた傷がしみやそばかすのようになっていきますので、手で押さえるように使うようにします。

 

4.ピンポイントで気になる場所をケア

目尻や口元などシワやシミが気になるところはピンポイントで重ね付けをします。
乾燥が気になるところも同じように重点的にケアをします。

 

5.最後にハンドプレスを忘れない

ハンドプレス
お顔を包み込むようにハンドプレスをします。

 

ゴシゴシこすったり、パンパンと叩いたり、ぐいぐいと押したりしてしまいがちですが肌は強い刺激が苦手です。絶対に絶対に刺激をしないようにするここがポイントです。

 

6.スキンケアを行う

最後に通常のスキンケアを行ってください。今までと違う化粧水の浸透力を感じるでしょう。
肌表面の角質が柔らかくなるので、まるでブースター導入液のような役割もあるようです。

 

↓浸透力の比較↓
浸透力

 

セルフチェック!わたしの肌のざらつき、乾燥のポイントはここ

 

EGOIPSE Briseは気になる所に重ね付けすると効果がアップします。
でも、「その場所がわからない」という人もいます。顔はいつもメイクやスキンケアの成分があるので、本当の肌質は分からない人も多いはず。

 

これだと、どこが乾燥しているのか、どこを重点的にケアをして行ったらいいのか分からなくなってしまいますよね。

 

間違ったスキンケアをしないためにも自分の肌をチェックしておきましょう。

 

チェックするタイミングは洗顔後5分後です。洗顔して何もつけてない状態の肌を手のひらでゆっくりと動かしてみてください。

 

ザラザラしていたり、乾いた感じがあったらそこがとても乾燥している状態です。
手が吸い付くような状態であれば普通肌です。するりとしてスムーズに動くようであれば少し乾燥しています。

 

逆にベタベタしてるような所があったら、それはオイリーな状態。

 

いかがですか?お顔のいろんな部分にその肌質が違ってきていると思います。 この肌質がEGOIPSE Briseによってどんな風に変わってくるのか、楽しみですよね。

 

美肌ホルモンを味方に付ける!オキシトシンの効果とは

 

出産を経験した方は、オキシトシンというホルモンはご存知の方は多いですね。赤ちゃんを産む時に分泌されるもので、陣痛を起こしながらも赤ちゃんを産めるようにするホルモンです。

 

実はこのホルモンは性別年齢に限らず分泌されています。ペットを飼われている方はペットを可愛がる時にこのホルモンが分泌されてるそうです。

 

オキシトシンは愛情や信頼などにつながり、慈愛力を高めてくれると言われてます。
ストレスを感じた時もスルーしてストレスを感じにくくしてくれるのもこの効能の一つと言われてます。
実はこのオキシトシンは皮膚でも作られています。大好きな人と肌を触れ合うはせたりするとこのオキシトシンが脳から分泌されます。それと共に肌でも合成されていたんですね。

 

ですから、自分の大好きな肌に思いやりを込めてタッチしてあげると、肌の美肌ホルモンのオキシトシンレベルが上がって、 幹細胞を増殖を促してアンチエイジングにも貢献するんですね。

 

大好きな人に触れるように自分自身も思いやりを込めて癒してあげてください。

 

もっと浸透術!角質をふやかす

 

EGOIPSE Briseは浸透性が高い美容液ですがもっと浸透を高める方法があります。

 

それは肌の表面にある角質をふやかして柔らかくする!ですから、お風呂上がりにすぐEGOIPSE Briseを使うようにお勧めします。またお風呂上がりの利点としては、手のひらも温まっていますので、冷たすぎて肌が縮こまってしまうこんな人にはおススメの方法です。

 

 

肌表面の角質をふやかすと、守ってくれるバリア機能が少し弱まるのでスキンケアの成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。

 

朝ケアをする場合には蒸しタオルなどでふやかしてあげるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

EGOIPSE Briseの使い方、そして間違ったスキンケアをしないためにも、もう一度あなたのケア見直してみませんか?